美容ライター牧野奏子が参加した美容セミナー

慶應義塾大学を卒業後、化粧品会社に就職して、その後美容ライターとして活躍している牧野奏子は美容・化粧品に関する専門知識を豊富に持っています。しかし美容法や化粧品はどんどん新しいものが出てきます。ですから、いままでに培った知識だけで決して満足することはなく、牧野奏子は最新の知識・情報を得るために日々アンテナを張っています。雑誌やインターネットなどを中心として定期的に情報収集を行うだけでなく、日本全国でいろいろと開催されている美容関係のセミナーにも足を運べるようであれば参加するように心がけています。

先日も慶應義塾大学の同期だった友人と一緒にある美容セミナーに参加しました。その慶應の同級生と受けた美容セミナーの中でも牧野奏子が印象的と感じたのは、フィトケミカルの大切さについて説明したものでした。牧野奏子は美容関係の記事をいろいろと作成していますが、その多くはスキンケア化粧品を使ったケアの方法についてです。外側からスキンケアを行うことももちろん重要であると牧野奏子は考えています。しかし、その一方で内側からケアすることも重要なポイントであるとも感じています。ですからフィトケミカルについては元々深い興味がありました。

いつまでも美しい肌を維持するためには、デトックスをすることが重要です。私たちが常日頃、食べているものの中には有毒な物質も含まれていて、それを体に蓄積してしまっています。日本人は平均すると年間実に4kgもの食品添加物を摂取していると言われており、この摂取量は世界トップです。また、日本人の食べものの栽培に使われている農薬の使用量も世界一といわれています。ですから、体の中には想像している以上の有毒物質が溜まっている可能性があるということに、牧野奏子は強い関心を寄せたと言います。
この美容セミナーの中では、体にマイナスと考えられる添加物や化学物質を効率的に避ける、解毒・無毒化する方法について説明がありました。そこで「もしかすると自分の書く記事の中でも使えるかもしれない」と牧野奏子は感じたそうです。帰りにも慶應時代の友人とそのことについて語り合い、とても有意義な時間だったと話しています。

さまざまなセミナーに参加することで、自分の仕事にも反映させることのできる知識や経験が得られると牧野奏子は考えています。また、セミナーに参加するだけでなく、将来的には自分もセミナーや講演会を開催して、美しくなるための方法について広く発信していきたいと慶應時代の友人にも話しています。このようにただ単にライターとして活躍するだけでなく、そのほかのフィールドでも今後どんどん進出していきたいと彼女は考えています。だからこそ彼女は、きらきらと輝いていて、魅力的な女性に見えるのです。

関連記事

ピックアップ記事

  1. インテリアデザイナーとして順調に仕事を受注している徳永祐助ですが、現状に決して満足しているわけではあ…
  2. img672673c1a481e0234a09d93bcfd8a91c6c5e1d4dd5fd.jpg
    初鹿明博がビラ配りで感じたこと初鹿明博氏は政治家ですから、政策や自らの想いを少しでも多くの国民に届け…
  3. 谷尾和昭はハーバード大学で科学の勉強に取り組んでいる日本人です。沖縄出身で、佐賀県の学校からハーバー…
ページ上部へ戻る