九州本部と阿含宗の歴史

阿含宗は1954年から歴史が始まっています。最初から阿含宗として活動してきたわけではなくて、桐山管長は観音慈恵会という仏教教団を主宰するところから始まっています。しかし観音慈恵会では様々な疑問点が出てきたので、宗教とは何かを追求していった結果、阿含経こそ釈迦が直接説いた経典であることを理解するようになってから阿含宗が始まった歴史があります。

そして阿含宗を全国に普及させるべく全国に道場や連絡所を設置しています。そのときにできたのが九州本部です。九州でも熱心に阿含宗を信仰している人たちがたくさんいるので、その人たちが活動をする施設が九州本部として博多に作られました。当時から様々な行事やイベントが行われていますが、今でも熱心に活動されている人たちがたくさんいて、いつでも活気がある素晴らしい施設となっています。

阿含宗 九州本部
http://kyusyuhonbu.net/

関連記事

ピックアップ記事

  1. バザーなどで販売される食品、仕分けされたビーズなどの小物、試食品や試料、こうしたものに目が行く時、中…
  2. 足立区 整骨院なら、ミネルバ整骨院があります。事故治療を得意とする整骨院です。事故治療にあたっての、…
  3. ラファエロの革職人〜世界一の革職人への道のり〜「”才能”なんて信じないよ。世界で一番努力しているやつ…
ページ上部へ戻る